平成29年度東北ボランティア隊 経過報告その2

東日本大震災が発生してもうすぐ7年。現地ではまだまだ困難な状況が続く中、復興に向けて 必死にがんばっている人がたくさんいます。一方、名古屋産業大学と名古屋経営短期大学が所在している東海地域は以前より大規模な地震が発生する可能性が高いと言われ続けている地域です。 ここ東海において地震がいつ発生してもおかしくない状況が続く中、本学の学生をはじめ教職員は何ができるのか。学生の自主的なボランティア活動によって、自らの学生生活の在り方について探求し、学生相互、関係機関、ひいては地域、社会との連携を通じて、相互発展のために広く寄与する。これを目的として本学では平成30年3月7日~12日の間「東北ボランティア隊」を派遣しています。

 
東北ボランティア隊より活動報告
 

 

「植樹の時に使う苗鉢を60個程みんなで手分けして作成しました。」
(名古屋経営短期大学U隊員より)

「「鎮魂の森」という被災者の方たちの慰霊碑が建立されている所へ行き、
当時の震災状況と被災地の現実について詳しくお話して頂きました」
(名古屋産業大学A隊員より)

「歌津地区の方々が復興を願いながら運営をしている、
ハマーレ歌津商店街で地元の方の交流や簡単なお買い物をして過ごさせて頂きました」
(名古屋産業大学H隊員より)

 

・活動の様子は随時webサイトで配信いたします。