在日ネパール人の皆さんによるバレーボール大会が開催されました

愛情教育を実践する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANでは地域の方たちと連携した活動を行なっています。今回は在日ネパール人の皆さんによるバレーボール大会の様子をリポートします。

バレーボールで汗を流す

MEISANのある尾張旭キャンパスにおいて、在日ネパール人の皆さんによるバレーボール大会が開催されました。
当日はMEISANの高木弘恵学長も開会式に出席し、始球式を行いました。出場チームは前年度は8チームでしたが今年度は10チームに増え、MEISANの学生だけではなく、東京や大阪からの参加者の方もいました。

MEISANのある尾張旭キャンパスでは8カ国の学生が学んでおり、国際色が豊かなキャンパスとなっています。また、地域の皆さんと連携した多くの取組みを行なっています。そんなMEISANの学びについてもっと詳しく知りたい方はオープンキャンパスに是非お越しください。お申込みはこちらから。お申し込みはこちらから。