MEISANの授業を紹介する授業レポート:夏季集中授業「社会科・公民科教育法」(後編)

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANの授業を紹介する「授業レポート」。今回は竹澤先生の夏季集中授業「社会科・公民科教育法」後編を取り上げます。

教員免許の取得を目指す学生が頑張っています

 

名古屋産業大学現代ビジネス学部は、教職課程を持っています。様々なコースの現代ビジネスを学ぶ傍ら、中学校社会科、高等学校公民科、同商業科、同情報科、そして中高の保健体育科の教員免許の取得を目指す学生が頑張っています。その中で、8月27日(月)から30日(木)の4日間、夏季集中授業にて、「社会科・公民科教育法」の授業が実施されました。

実際に模擬授業をしてみる

 

今回は前編の学習指導案作成に引続き(前編はこちらから)、授業実践です。受講者は、自分たちが作った学習指導案に沿って授業展開をしていきます。事前に、「声出し」や「板書の仕方」も丁寧に指導された学生たちは、戸惑い、迷いながらも、何とか授業をやり終えました。「学校現場で通用する授業を作る体験」を積んだ学生たちは、また一歩、逞しく成長したと思います。
さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。お申し込みはこちらから。