70周年記念式典を行いました

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANの運営母体である学校法人菊武学園がこのたび70周年を迎え記念式典を行いました。

70年の歴史

     

学校法人菊武学園は創立70周年を迎え、これを記念して11月16日(金)にストリングスホテル名古屋にて記念式典とパーティを執り行いました。当日は、学園関係者や来賓をはじめ台湾・育達学園、国立台湾体育運動大学、韓国・鳳徳学園ら海外姉妹校の関係者ら約300人が参加しました。

本学園は創設者の故・高木武彦学園長が、1948年11月、名古屋市東区の文房具店にタイピスト養成所を設けたのが原点です。3年後には養成所が愛知県から学校認可を受けたのをはじめ、高校、短大、幼稚園と次々に学校、園を設立、2000年には名古屋産業大学を開学しました。

70周年記念式典では、3年前に逝去された学園長の遺志である「社会に役立つ人材の育成」「愛情教育」を、教職員一同が再確認し、80周年はもとより100周年に向けて一丸となることを誓いました。

皆さんも名古屋産業大学の「愛情教育」と「実践教育」を体感してみませんか。次回のオープンキャンパスは、12月8日(土)です。みなさんもオープンキャンパスに参加して「愛情教育」と「実践教育」をぜひ体感してみてください。お申し込みはこちらから。