新入生オリエンテーション合宿を開催しました

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。今回は、名古屋産業大学にこの4月に入学した新入生がオリエンテーション合宿を行った様子をレポートします。

同期生や教員との交流を通じて理解を深める

今月1日に入学したばかりの全新入生を対象にオリエンテーション合宿を開催しました。今回の舞台は、愛知県でも有数の観光スポット「南知多」にある「愛知県美浜少年自然の家」です。この合宿は、同期生や教員との交流を通じて相互理解や本学での学び方についての理解を深める目的で行われました。
初日は、各ゼミに分かれてのアイスブレイク、今後の学修や履修登録について説明を受けました。そして夜はキャンプファイア。この時期としては、一段と寒い夜でしたが、新入生の「若さ」で大変に盛り上がりました。

中部国際空港(セントレア)を舞台したフィールドワーク

2日目は、海岸でのラジオ体操から始まり、ゼミ対抗のビーチバレーボール大会。共に参加した名古屋経営短期大学の学生も加わり、交流を楽しんでいました。最後のプログラムは、中部国際空港(セントレア)に舞台を移したフィールドワーク。各学科の研究分野ごとに課題を設定し、現地にて調査を行いました。グループで設定した課題に対して、空港の設備の観察や利用者の皆様や空港で働く人々へのヒアリングを通して自らの答えを探し求めていきました。座学だけではない、MEISANでの学び方の片りんを感じたのではないでしょうか。

この2日間、集団生活の中で寝食を共にした学生たち。新しい仲間と共にかけがえのない時間を過ごせたことでしょう。
いよいよ、来週からはMEISANでの授業が始まります。愛情教育のもと、新入生は確かな一歩を踏み出しました。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。当日は、在学生によるキャンパスツアー、人気教員による体験授業、学生に好評のランチ体験などを行います。是非ご参加ください。お申し込みはこちらから。