学内インターンシッププログラム

学内会社を母体に、環境ビジネスの実務知識を習得

本学では、卒業後のビジネスシーンで「即戦力」になる人材育成をめざしています。学内に設立した名産大GSB(株式会社名古屋産業大学グリーン・ソーシャルビジネス)の運営に携わり、学外企業と連携しながら企業経営の実務知識を習得します。

 

名産大GSBプログラム
名産大GSBと連携し、カリキュラムと直結した環境ビジネスの知識や技能を身につける実践型学修プログラムです。
[主な授業科目]
インターンシップⅠ(GSB)、環境ビジネス概論、地域ビジネス論 など

学修4つのポイント

名産大GSBで法人向けの環境ビジネスに参加し、ビジネスの手法や企画提案の醍醐味を体験します。校舎全体を実験フィールドにした研究活動や環境ビジネス企業の方を講師に迎えた講座も開催しています。

+ POINT 1 学内の株式会社を学生が運営

+ POINT 2 学生の提案により企業や地域施設の照明をLED化

+ POINT 3 環境ビジネス関連企業の方を講師とする環境ビジネス講座を開講

+ POINT 4 「無就活大学」をめざす活動も着々と

 

ソーシャルプラクティス

名産大GSBと連携した実践教育です。三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)、(株)パイテックホールディングス、(株)ネスコなど環境ビジネスを展開する企業から講師を招へい。現在はLED照明の法人向け提案などを実習しています。

 

 

事業展開図