医療情報管理コース

医療分野を、情報管理と経営マネジメントの両方から支える能力を身につける。

医療情報の管理資格である「診療情報管理士」をめざすカリキュラムに加え、本学独自のマネジメントや社会人基礎力を養う学びを通し、医療機関の経営判断や組織運営にかかわることができる力を身につけます。

あなたの未来のために。

卒業後にめざす職業
医療機関職員(病院など)
医療システム開発会社 など
めざせる資格・検定
診療情報管理士 登録販売者(国家資格) 診療報酬請求事務能力認定試験
ドクターズクラーク(医師事務作業補助者) 介護事務管理士
労災事務管理士 電子カルテ技能検定 医療事務検定1~3級 など

 

医療情報管理コースとは?

  • コースの目標:医療機関におけるデータ管理と活用のプロフェッショナル資格である「診療情報管理士」資格の取得をめざすとともに、病院経営や統計処理のほか、組織論、マネジメントなどの本学独自のビジネス系科目も履修することで、医療現場をささえるマネジメント人材の育成を目的とします。
  • 多彩な資格取得:診療情報管理士、登録販売者(国家資格)、診療報酬請求事務能力認定試験などの3つの主要資格の取得をめざすとともに、多彩な医事全般に関する資格取得が可能です。

めざす資格

診療情報管理士

医療機関における患者のさまざまな診療情報を中心に、人の健康(health)に関する情報を国際統計分類などに基づいて収集・管理するための専門的な資格です。また、データベースを抽出・加工・分析し、さまざまなニーズに適した情報の提供も担います。カルテ情報に基づいたデータなどが、医療政策や公衆衛生などに役立てられるだけではなく、病院経営の改善や戦略の策定にも活用されます。本学では、卒業までに診療情報管理士の受験資格を取得できます。

 

登録販売者(国家資格)

ドラッグストアや薬局などで一般用医薬品(かぜ薬や鎮痛剤など)の販売ができる医薬品販売専門資格で、近年非常にニーズが高まってきています。

 

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求業務の資格の中では最難関とされ、病院、診療所の受付会計業務に活かすことができる資格です。

 

ピックアップ授業

診療報酬請求論

病院管理を考えるうえで必要な診療に対する報酬の仕組みを知り、その病院経営における位置づけや、どのような影響があるのかを理解します。

 

診療情報管理

診療記録には、患者・病院・医師にとっての価値、また公衆衛生上の価値などがあります。そのような診療情報を管理するうえで、診療記録の記載や保存に関する法規、守秘・個人情報保護に関する法規、電子化への対応についての知識を修得します。

 

国際統計分類

臨床医学などで得た知識をもとに、診療情報管理士に必要な死因・疾病に係る国際的な統計分類を行うコーディング能力を身につけます。

 

臨床医学

診療情報を利活用するための国際疾病分類を行うには、医学に対する広い知識が必要となるため、内科・外科をはじめとする実際の医療の現場で接する病態や生理について学びます。