ご利用ガイド(学生)

名古屋産業大学ロゴ 名古屋経営短期大学ロゴ
名古屋産業大学・名古屋経営短期大学 図書館

ご利用ガイド(学生)

図書館資料

図書

閲覧室や書庫で図書を探し、閲覧室等で利用してください。(書庫への入室は出来ませんので、職員が探します。)

新聞・雑誌

館内で利用することができます。
バックナンバーの閲覧については、カウンターまで申し出てください。

視聴覚資料(ビデオ・DVD・CD)

視聴覚室で利用できます。カウンターで受付します。
そのほか、パソコンの利用も出来ます。詳しくはカウンターにお尋ねください。

貸出

図書を借りたい時は、カウンターで貸出手続きを行ってください。

手続きは、学生証・借りたい本をカウンターへお持ちください。※学生証がない場合は貸出できません。

なお、図書の又貸しは認めておりません。トラブルの原因となります。

貸出期間及び冊数

一般図書
利用者 貸出期間 貸出冊数
学部生・短大生 15日間 5冊
大学院生 30日間 10冊
指定図書
指定図書1 教員によって貸出を1週間に指定される図書
指定図書2 教員によって貸し出さずに館内で1時間制限で閲覧指定される図書

長期貸出

夏季休暇等の期間中、長期貸出を行います。
長期貸出の受付開始等については、その都度掲示します。

貸出予約

貸出されている図書の利用を希望する時は、予約ができます。
返却され次第、優先的に提供いたします。カウンターに申し出てください。

貸出延長

借りている図書を、返却期限日までに読み終わらなかった場合、期限日までにカウンターで手続きをすると1回のみ、返却日を延長することができます。

貸出しない資料

  • 禁帯出図書(辞書・事典など)
  • 雑誌(紀要含む)
  • 新聞
  • 視聴覚資料

返却

借りた図書は、必ず返却期限日までにカウンターで返却手続きを行ってください。 閉館時は一階入り口横の返却ポストに入れてください。延滞中は貸出、視聴覚の閲覧ができません。

紛失・汚損・破損

借りた図書を紛失又は損傷した場合は、すぐに届け出てください。 原則として、弁償していただきます。
「図書の紛失・汚損・破損について」を確認してください。

その他

学生は、卒業・退学・休学等の際、借りた図書は必ず返却しなければなりません。

ペナルティ

返却期限日の翌日より14日間の猶予期間を設け、延滞日数分の貸出停止とします。

上記以外のケースでペナルティを科す場合は図書委員会にて審議します。

図書の紛失・汚損・破損について

図書の紛失について

借りた図書を紛失した場合、図書館規程に従い弁償していただきます。

紛失責任者について
紛失状況 紛失責任者
貸出し学生本人による 貸出し学生
貸出し学生本人から又借りした者による 貸出し学生

図書の汚損・破損について

借りた図書を汚損・破損した場合は、すぐに図書館カウンターに申し出てください。

汚損・破損図書については、図書委員会での決定に従っていただきます。

汚損・破損責任者について
汚損・破損状況 汚損・破損責任者
貸出し学生本人による 貸出し学生
貸出し学生本人から又借りした者による 貸出し学生

図書の故意の持出しについて

故意に図書を持出した場合は、厳罰に処されます。

その他のサービス

参考相談

図書の探し方やコンピュータ端末の使い方が分からない時は、気軽にお尋ねください。

希望図書の提供

読みたい図書が見当たらない場合は、リクエストをしてください。できる限り購入して提供します。

相互利用サービス

館内に求める資料がない場合で、他の図書館に所蔵が確認できれば利用できることがあります。

(1)直接所蔵館を訪れる

他大学・短大の図書館を利用したい場合は、紹介状を発行しますので、カウンターに申し込んでください。

(2)複写を申し込む

文献の複写を希望する場合は、申込の代行をします。カウンターに申し出てください。
申込書に記入の上、電子データにて提出してください。
到着まで1~2週間程度かかります。
複写代金と郵送料は、申込者の負担となります。

※館内にコピー機はありません。 図書館資料(新聞・雑誌を含む)をスマートフォンなどにて複写の場合は、複写申込書にご記入ください。 ただし、著作権法の許す範囲に限ります。