「気候変動対策×新型コロナ対策」学校応援プロジェクトがスタート

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。今回は、新たにスタートする「気候変動対策×新型コロナ対策」学校応援プロジェクト、について紹介します。

「気候変動対策×新型コロナ対策」学校応援プロジェクトがスタート

 

 本学では、教員と学生によって構成する環境教育研究プロジェクトを設置し、CO₂濃度の実測データを活用した環境教育の研究と実践に取り組んできました。その取組成果は、地球温暖化防止活動環境大臣賞、文部科学大臣表彰科学技術賞などを受賞しています。
 環境経営研究所では、令和3年度の新規事業として、これまでの環境教育研究の成果を活かし、気候変動と新型コロナに対応した環境教育の普及をめざす学校応援プロジェクトをスタートさせます。
このプロジェクトでは、環境CSRを推進する企業の協賛を得ながら、東海地方の小・中学校、高等学校にCO₂濃度測定器を無償提供し、小・中学校には、「植物の光合成実験」と「教室の換気実験」を支援します。また、高等学校に対しては、植物の光合成実験の発展学習として、CO₂吸収力の高い「緑化木の調査」を支援します。
 詳しくは、添付のチラシをご覧ください。

↑画像をクリックするとPDFが表示されます

↑画像をクリックするとPDFが表示されます

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。当日はキャンパスツアー、人気教員による体験授業、学生に好評のランチ体験などを行います。是非ご参加ください。お申し込みはこちらから。