長期インターンシップが始まります

名古屋産業大学では、授業の一環として3か月間の長期インターンシップを企業や農山村で実施しています。インターンシップは5月から開始になりますが、そのまえに事前学習をおこなっています。
このたび、4月27日に事前学習の成果報告会を開催しました。

この発表会は、インターンシップ前に研修先の企業の業務内容や農山村地域の課題をなどを調べ、また自らの研修を通しての目標を発表することで、学生の研修への動機付けをより明確にし、研修先企業と大学でそれを共有することを目的としています。また研修前に学生、教員、研修先企業の受け入れ担当者様が一堂に集まり、よりよいインターンシッププログラムをつくることも目的の一つとなっています。当日は、研修先の企業3社の担当者様にお越しいただきました。
発表会では、長期インターンシップに参加する学生8名が受け入れ担当者様や教員の前で、研修に向けた各々の決意を発表しました。今後のインターンシップ生の活躍にご期待ください。