今永 典秀

役職教員情報
准教授 今永 典秀
今永 典秀 (いまなが のりひで)

実務家経験を生かして、インターンシップ・ボランティア・課題解決型講義・グループワーク・アクティブラーニングを中心に展開します。実践的学習と理論と実践の反復を繰り返すことにより、社会で活躍するために必要なビジネススキルを身につけます。また、社会との接点から、社会を知り、自分の将来のキャリアを考え、その実現に向けて大学生活をより主体的・意欲的に行動することを目指します。

また、「頑張る人が報われる世の中の創造」に貢献し、この東海地域を盛り上げるために、自らも社会との接点を持ち「実践」し続けます。

専門領域

地域連携・産学金官連携/地域活性化/キャリア教育(ICEルーブリック)/PBL・インターンシップ/人材育成/経営学(経営戦略・マーケティング・起業家教育)/観光・まちづくり/市民活動

担当科目

経営戦略、マーケティング、地域ビジネス論、地域ネットワーク論、インターンシップ

略歴

・グロービス経営大学院大学経営研究科 経営学修士(専門職)
・大手信託銀行法人営業、トヨタグループ経営企画部、岐阜大学地域協学センター特任助教を経て、平成30年度より現職。
・市民活動団体NAGOYA✖︎FOREVER設立(社会人と学生による座談会・イベント企画、若者・学生のキャリア支援など)、Edcamp✖︎NAGOYA 実行委員長、NPO法人たすけあい名古屋 理事、任意団体mitonobase(岐阜市柳ヶ瀬・美殿町の地域活性化を目指した大学生と社会人による起業家育成勉強会)副代表、地域の社内起業家応援プロジェクトスクール長(NPO法人G-netと連携した地域の中小企業に入社した若手社員向け勉強会)、一般社団法人育勉普及協会 外部アドバイザー。など。

著書・論文等

論文
・今永典秀、2017年、「アクセラレーターと協働するオープンイノベーションについて」組織学会大会論文集 6(1)、p144-149
・今永典秀、2017年、「市民活動における地域の価値創出について」地域デザイン学会誌 10、p107-126
・今永典秀、松林康博、益川浩一、2017年、「インターンシップによる大学と地元産業界の協働教育」岐阜大学教育推進・学生支援機構年報 3(3)、p79-91
・今永典秀、2018年、「大学のパブリックスペースにおける新たな地域連携のあり方」社会デザイン学会学会誌 9(1)、p24-34
・今永典秀、清水啓介、2018年、「起業家育成を目指した地域との協創」グローバルビジネスジャーナル2017 3(1)、p14-19
・今永典秀、2018年、「地場産業の事業承継者によるクラウドファンディングを活用した取り組み」組織学会大会論文集 7(2)、p332-337
・三井栄、今永典秀、2019年、「パラレルキャリア活動とキャリア形成に関する考察」、岐阜大学地域科学部研究報告 43、p15-25・今永典秀、松林康博、益川浩一、2019年、「産学金連携による地域創生の取り組みと地域デザインについて」地域デザイン学会誌 13、p193ー213
・今永典秀、後藤誠一、2019年、「女性の活躍推進に向けた学習者のニーズと学習環境に関する考察」岐阜大学カリキュラム開発研究 35(1)、p134-143
・今永 典秀、2019年「キャリア開発におけるボランティア団体による社会イノベーション」グローバルビジネスジャーナル、印刷中

連絡先

■電話 名古屋産業大学 0561-55-5101(代表)
■E-mail:n-imanaga@nagoya-su.ac.jp