松下 奈美子

役職教員情報
准教授 松下 奈美子
松下 奈美子 (まつした なみこ)

1.人はなぜ国境を越えて移動するのかということを研究しています。とりわけアジア地域の高度若年人材がどのようなキャリアデザインを描いて国際移動を行うのかということを実証的に研究しています。現在は国境を越える労働移動の際の移動を促進する要因と阻害する要因や、日本への労働力の送出圧力に関するシステムについて研究を行っています。

2.社会学の授業では、日常の行為を客観的に見直すことに挑戦します。国際社会論、法学総論、政治学の授業では歴史的観点から、国家、権力、政治とは何かということを考えます。教職科目では、中学高校の講師経験をもとに、社会科教諭を目指す上で必要な知識、技法を実践的に学びます。

研究者情報へ  https://researchmap.jp/nmk-mtssht/

専門領域

社会学 社会政策 国際労働移動 高度人材 高等教育

担当科目

社会学 国際社会論 法学総論 政治学 外国史 日本史 
社会科教育法Ⅰ・Ⅱ  海外語学研修(英語)

略歴

2003年 慶応義塾大学 法学部 政治学科 卒業
2005年 慶応義塾大学 大学院 法学研究科 政治学専攻 修了 修士(法学)
2007年 一橋大学 大学院 社会学研究科 修士課程修了 修士(社会学)
2007年 渋谷教育学園渋谷中学高等学校 社会科非常勤講師(~2011年3月)
2014年 一橋大学 大学院 社会学研究科 博士課程修了 博士(社会学)

(所属学会)
日本社会学会 関東社会学会 移民政策学会 日本地域学会 アジア政経学会
計画行政学会 情報通信政策学会

著書・論文等

・松下奈美子 「若年中国上位大学出身者の国際労働移動に関する意識調査―日本への移動を規定する要因に着目して」  『移民政策研究』pp95-113, 明石書店, 第11号, 2019

・倉田良樹・松下奈美子「日本の外国人高度人材受け入れ政策の検証」『移民政策のフロンティア-日本の歩みと課題を問い直す』第3章, 明石書店, 2018(共著)

・松下奈美子 「科学技術分野における高度人材の集団的国際移動に関する社会学的考察-アメリカへ移動するインド人IT技術者集団の事例をもとに-」  『移民政策研究』 明石書店, 第9号, 2016

・駒井洋監修、五十嵐泰正・明石純一編著『「グローバル人材」をめぐる政策と現実』明石書店, pp74-91, 2015(共著)

・宣元錫、松下奈美子、倉田良樹、津崎克彦 「韓国人IT技術者の送り出し過程と日本の外国人高度人材受入れ-2000年代の拡大局面に注目して」 『移民政策研究』 明石書店, 第6号, 2014(共著)

・安里和晃編『労働鎖国ニッポンの崩壊』, 第2章「アジア地域から来日する外国人IT技術者」ダイヤモンド社, pp132-153, 2011(共著)

(競争的資金など)

・科研費若手研究「科学技術分野における高度人材の国際移動に関する研究:東アジア地域を中心に」 2019-2021(研究代表者)

・電気通信普及財団「韓国の若年IT技術者育成と海外就労支援政策に関する実証研究:日本への移動に着目して」2019-2020(研究代表者)

・科研費若手研究(B)「科学技術分野における高度人材の国際移動に関する研究:東アジア地域を中心に」2015-2017(研究代表者)

・科研費基盤研究(B)「高度人材の国際的な労働移動に関する社会学的研究:日本での受け入れと送り出し」2014-2018(研究分担者)

連絡先

■電話 名古屋産業大学 0561-55-5101(代表)
■Email n-matsushita@nagoya-su.ac.jp