教員・研究室

小芝 裕也

役職教員情報
講師 小芝 裕也
小芝 裕也 (こしば ひろや)

大切なのは「できるか、できないか」ではなく「やるか、やらないか」。

スポーツ・健康に興味がある学生はともに学び成長しましょう。

専門領域

スポーツ科学

担当科目

健康とスポーツⅠ・Ⅱ、トレーニング論、専門スポーツ実習Ⅰ・Ⅱ、健康と運動の科学、教養ゼミナール、専門ゼミナール

略歴

学歴及び職歴
2010年 大阪体育大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了、修士(スポーツ科学)
2010年 大阪体育大学大学院助手(~2016年3月)
2016年 大阪体育大学大学院スポーツ科学研究科博士課程修了、博士(スポーツ科学)
2016年 関西大学特任体育講師(~2021年3月)
所属
日本体力医学会会員、National Strength and Conditioning Association日本支部会会員
大阪体育大学同窓会理事
競技歴
2019年 北斗旗全日本空道体力別選手権(-230) 準優勝
2017年 アジア大会空道選手権大会(-230) 日本代表
2019’18’17’08年 北斗旗西日本空道体力別選手権大会(-230) 優勝

著書・論文等

論文

(ア) Hiroya Koshiba, Etsuko Maeshima. (2020). Acute effects of moderate intensity cycling exercise on endothelial function in young healthy men: An investigation using the reactive hyperemia index. Technol Health Care. DOI:10.3233/THC-202281.

(イ) Hiroya Koshiba, Etsuko Maeshima. (2019). Effects of exercise intervention on arterial stiffness in middle-aged and older females: evaluation by measuring branchial-ankle pulse wave velocity and cardio-ankle vascular index. J phys The Sci. 31(1):88-92.

(ウ) Hiroya Koshiba, Estuko Maeshima, Yuka Okumura. (2017). The relationship between arterial stiffness and the lifestyle habits of female athletes after retiring from competitive sports: a prospective study. Clin Physiol Funct Imaging. 37(5):474-480.

その他17本

競争的資金

(ア)2021年度-2023年度 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究 研究課題「階級制競技の減量が動脈スティフネスに及ぼす影響」(代表)

(イ)2018年度-2019年度 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究 研究課題「運動習慣や運動回数が動脈スティフネスに及ぼす影響」(代表)

(ウ)2015年度 NSCAジャパン・ストレングス&コンディショニング研究助成 研究課題「中高齢女性における運動介入後の運動頻度減少が動脈スティフネスに及ぼす影響」(代表)

その他1本

社会貢献活動

(ア)2018年 全国ミニトランポリンエクササイズ協議会:TEN全国交流研修会、記念講演 講師

(イ) 2015年 学校法人大和学園京都栄養医療専門学校:健康運動演習 講師

(ウ)2015年 公益社団法人兵庫県栄養士会:生涯教育研修会 講師

その他多数

連絡先

■電話 名古屋産業大学 0561-55-5101(代表)
■Email h-koshiba@nagoya-su.ac.jp