教員・研究室

辻 紳一

役職教員情報
准教授 辻 紳一
辻 紳一 (つじ しんいち)

平成22年中小企業診断士資格取得を機に独立。前職のプロジェクトマネージャーにて培った対話力を活かし、まちづくりや商店街活性化支援等を通じて、小売業や事業協同組合等の事業ビジョンや事業計画の策定支援、さらには市役所、商工会議所等にて個人事業主への経営指導や創業支援に取り組んできました。そこから学んだ知識→知恵に変えるために不可欠な「現場第一主義」をモットーに、人との対話を重視した学び(グループワーク、チームビルディング等)の深化を目指しております。学生のみなさん。私と一緒にわいわいガヤガヤの学びを楽しみましょう。

専門領域

経営学(経営戦略、経営計画)、商学、観光学、地域研究(道の駅、商店街活性化)

担当科目

GSBインターシップⅠ、教養ゼミ、インターシップ(導入)、事業概要、地域文化とまちづくり、地域ビジネス論、経営戦略

略歴

大阪市立大学大学院創造都市研究科博士(後期)課程修了、博士(創造都市)。
大阪経済大学大学院経営学研究科修士課程修了、修士(経営学)。平成22年に中小企業診断士資格を取得後、大阪府商店街振興組合連合会 地域商店街活性化事業(専門指導員)、商店街支援パートナー・商店街よろず相談アドバイザー、中小企業庁滋賀県よろず支援拠点コーディネーター、大阪府中小企業団体中央会(登録専門員)、吹田市役所(商業相談員)、大阪商工会議所経営相談員(経営革新・創業)、大阪市立大学大学院都市経営研究科(TA)等を経て、令和3年度から現職。日本経営診断学会、実践経営学会、関西ベンチャー学会、日本流通学会、日本観光学会会員など。日本経営診断学会「学会賞 大学院生研究奨励賞社会人部門」受賞(第53回全国大会)。

著書・論文等

1)論文

(ア) 辻紳一(2018)「商業集積の魅力度向上に関する研究-地域型商店街の品揃え形成を強化する実践的研究-(査読付)」、『日本経営診断学会論集』、18巻(2018)、pp.21-27

(イ) 辻紳一(2019)「道の駅における顧客のすみわけ戦略に関する一考察-なぜ、妹子の郷レストランは専門店化できたのか-(査読付)」、『関西ベンチャー学会誌』、11巻(2019)、pp.11-21

(ウ) 辻紳一(2020)「中山間地域の道の駅におけるバリューチェーンの競争優位に関する一考察-安くて新鮮な農産物を販売する道の駅の事例から-(査読付)」、『関西ベンチャー学会誌』、12巻(2020)、pp.32-42

(エ) 辻紳一(2021)「道の駅直売所の地域ブランド戦略の一考察-積極的な販売促進を行う道の駅の事例を中心として-(査読付)」、『日本経営診断学会論集』、21巻(2021)、pp.25-30

2)著書など

(ア) 「中小企業のための食品衛生スキルアップ活用術」、風詠社(共著)、2014年6月

(イ) 「商店街活性化に必要な組織化プロセス」(企業診断ニュース平成26年7月号)」、同友館(共著)、2014年7月

(ウ) 「商業施設・創造とデザイン 改訂版(Vol.6)」、公益社団法人商業施設技術団体連合会(共著)、2017年7月

(エ) 「小規模事業者のためのやさしいHACCP」、風詠社(共著)、2019年7月

連絡先

■電話 名古屋産業大学 0561-55-5101(代表)
■Email s-tsuji@nagoya-su.ac.jp