教員・研究室

島宗 俊郎

役職教員情報
講師 島宗 俊郎
島宗 俊郎 (しまむね としろう)

少子高齢化、人口減少を迎える中、観光産業は成長産業と位置付けられている。日本人の国内旅行消費額は横ばいか微増の中日本政府による「観光立国宣言」とその施策である「ビジットジャパンキャンペーン」の展開により訪日外国人旅行者数は増加している。その一方で、インバウンド観光を地域創生に活かそうと、全国各地で地域資源を活用した着地型観光のプログラム開発や域内観光関連組織の連携によって観光地経営の担い手となる「観光地域づくり法人(DMO)」の設立が進められている。しかし新型コロナウイルス感染症の拡大により観光産業は打撃を受け大変な状況にあります。がポストコロナ禍の業界で貢献する人材を育成したい。

専門領域

観光、着地型観光、観光地域づくり法人

担当科目

ビジネスツーリズム
スポーツツーリズム
ゼミナールⅠ、ゼミナールⅢ

略歴

東京水産大学水産学部卒業(水産学士)
名古屋産業大学環境マネジメント研究科博士前期課程修了、修士(環境マネジメント)
名古屋留学センター代表(平成26年3月まで)
名古屋経営短期大学未来キャリア学科特任講師を得て現職
海外渡航回数110回.海外訪問国数26ヶ国.富士山登頂8回

著書・論文等

論文 ・台湾の訪日着地型観光ニーズを形作る観光関連組織間の連携(共著)

・観光地域づくり法人による海外プロモーションの展開パターン~台湾からの訪日着地型観光を事例として~ (共著)

連絡先

TEL:0561-55-5101(代表)
   FAX:0561-52-0515
E-mail : simamune@nagoya-su.ac.jp