菊川南陵高校と高大連携協定

名古屋産業大学は1月23日(金)、静岡県菊川市の菊川南陵高等学校(学校法人南陵学園:菊地伸幸理事長)と高大連携協定を結び、同校理事長室で伊藤雅一学長と金澤大将校長が協定書に署名をしました。

協定では、本学教員の出張講義などを通じて生徒に大学教育に触れる機会を提供すると共に、生徒の進路意識の向上に寄与します。金澤校長は「生徒が将来を考えるうえで、貴学のキャリア教育は優れており、本校の目指すところとも一致している。今後、この連携を通して、幅広い進路選択のきっかけになれば」と今後の取り組みに期待しています。

名古屋産業大学はこれまで、東海3県を中心に国内外の16校と高大連携協定を結んでいます。