昼神温泉で報告会/長期農山村インターンシップ

参加した学生2名から、これまでの業務で得たことや感想、反省点などが発表されたほか、それぞれの自主研修テーマに関する報告が行われました。 木下颯馬くんは、地元産の様々な食材を研究し、手作りの朝食パンを、尾張あさひ苑のバイキングメニューとしてお客さまに提供しました。また、梶田千晶さんは昼神温泉周辺で植生調査を行って、5~6月にウォーキングルート沿いで観察できる植物をまとめたシートを作成し、自然観察会やウォーキングイベントでの活用についての発表を行いました。 新聞社からの取材もあり、南信州新聞、中日新聞にそれぞれ、報告会の様子やインターンシップの取り組み内容が、掲載されました。 IS_150716_2 IS_150716_3 IS_150716_4]]>