菅井径世教授の研究による地震リスク評価WEBサイト「リスクで考える我が家の耐震」が公開されました

本学の菅井径世教授の研究成果による地震リスク評価のWEBサイトが公開されました。
尾張旭市、名古屋産業大学、名古屋大学の協力により、尾張旭市内にある建物一軒ごとの
地震危険度と地震リスクを評価できるようになっています。

本サイトは、尾張旭市内外にある約750本のボーリングデータを用いて、南海トラフ地震など
震源の異なる6つの想定地震の地面の揺れの強さを予測し、尾張旭市内にある建物一軒ごとの
全壊、半壊、あるいは家の下敷きになって命を落とすといった各種の地震リスク(確率)を評価する
システムです。
また、耐震改修の予算にたいして、どの程度地震リスクが軽減できるかも分かります。
Web上で、あなたのお宅の地震リスクを評価してみませんか。
taishinshindan