地域が応援するキャリアアップセミナーを共催

11月5日(土)に鈴鹿中・高等学校、三重大学と連携し、三重県下の小・中学生、高校生を対象に「地域が応援するキャリアアップセミナー」を開催しました。
今回は本年10月にオープンした赤塚植物園ヒーサーの森(三重県津市)を会場とし、「里山における環境学習と学校間交流」をテーマに講義やフィールドワーク、グループ学習を実施しました。本学からは伊藤雅一教授、岡村聖教授、村上健太郎准教授が講師を務め、小学生から大学生まで約70名が共に里山環境の大切さを学びました。
本学がセミナーを共催して3年目となりますが、今回は初めて地元の小学生も参加しました。セミナーを参観した高等学校の校長先生からは、「小・中学生、高校生が環境を一緒に学ぶ機会は珍しく、しかも違和感なく学習をしていた姿が印象的」とのコメントもあり、特に高校生は、環境を学ぶと同時に教える立場も体験できる学習機会になったように思います。

20161105_112525_DSC05677

20161105_152525_DSC05860

20161105_131052_DSC05776

20161105_123611_DSC05730