あさひエコ大学で講演

尾張旭市では、平成21年度から、市民を対象とした環境講座「あさひエコ大学」を継続的に開催しています。
本年度も本学の環境ビジネスコースの4名の教員が講師として参加、11月26日(土)には、第3回講座として伊藤雅一教授が「尾張旭市のCO2濃度と都市づくり」をテーマに講演を行いました。講演では、今月4日に発効したパリ協定に基づき、国際社会が協調して大幅なCO2削減が求められる中で、尾張旭市の低炭素都市づくりを考えるとともに、CO2濃度の測定を体験しました。
次回は、本年度最後の講座となりますが、12月3日(土)午後10時から「スカイワードあさひ」にて、菅井径世教授が「変化する環境」と題する講演を行います。

aaaaaa

bbbbb