緑丘商業高校連携講座「多文化共生時代のライフスタイル-愛知県の事例を中心に-」

 高大連携校の愛知県立緑丘商業高等学校3年生9名の皆さんは、4月から本学現代ビジネス学部の教員による高大連携講座(100分×18回)を受講することによって、課題研究の単位取得を目指しています。

 10月6日(金)の講座では、松下奈美子講師が担当する「多文化共生時代のライフスタイル-愛知県の事例を中心に-」を学びました。

 講座の前半は、自働車関連企業への就労を中心に南米出身の居住者が多い愛知県豊田市の事例をもとに、日本語による情報が伝わらないことから絶えなかったごみ出しや騒音などのトラブルや子どもの教育問題について、行政や学校がいかにこれらを克服していったか、ケーススタディに取り組みました。

 講座の後半は、和室へ移動し、大学祭のお茶会のために練習を行っていた茶道部に合流しました。順番にお抹茶を振舞って頂くと共に、お菓子の食べ方、茶わんの回し方、同席者への心配り等、様々な茶道の心得を学びました。皆さん初めての経験で上手に出来ない場合もありましたが、笑いの絶えない和やかな雰囲気の中、茶道の心得にある深い意味を知り大いに感心していました。