中小企業大学校瀬戸校と包括連携協定締結

 名古屋産業大学と中小企業大学校瀬戸校は2月26日、地域の人材育成に寄与する目的で、包括的連携協定を結びました。地域企業のマネジメントとその課題解決に関する実践教育の充実に向けて協力します。  

 協定には、相互での聴講生の受け入れや講師の紹介、インターンシップなどで協力していくことが盛り込まれました。調印式が瀬戸市川平町の瀬戸校で行われ、高木弘恵学長(写真右)と早川克郎校長(写真左)が協定書に署名し、活動への意気込みを話し合いました。  

 高木学長は「良いものを提供し合うシナジー効果を期待したい」と抱負を語りました。

協定書に署名した高木弘恵学長と早川克郎校長