授業紹介:地域ビジネス論Ⅴ  名古屋医工連携インキュベータ(NALIC)施設見学 石黒裕康さま、蟹江純一さま、グエン・コンタインさま

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。
そんなMEISANの授業を紹介する「授業レポート」。
今回は辻紳一先生の「地域ビジネス論Ⅴ」の授業で実施されたインキュベーション施設の見学や、ここで起業されているベンチャー起業家からご講演いただいた様子を紹介します。

講演の様子

辻先生の「地域ビジネス論Ⅴ」では、起業・ベンチャーとはどういうものかを理解することを目的に、インキュベーションの施設見学などを実施しています。今回は、 名古屋医工連携インキュベータ(NALIC)の施設にて、NALIC チーフインキュベーションマネージャーの石黒裕康さま、ベンチャー起業家の 株式会社フレンドマイクローブ 代表取締役の蟹江純一さま、 株式会社HACHIX 代表取締役のグエン・コンタインさまからお話をいただき、その後、NALIC施設内の実験室などの見学を行いました。

石黒裕康さまからは、「NALICのご紹介」とともに、ベンチャー支援の具体的な仕組みについてお話していただきました。また、ベンチャー起業家の蟹江純一さまからは、「微生物を用いた油性排水処理システムの開発」、グエン・コンタインさまからは、「AIシステムの開発」についての事業概要をお話しいただきました。さらに、「リスクは自分がしていることを理解していないことから生じる」「チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ」など、起業に対する考え方や座右の銘を、わかりやすく学生に語りかけていただきました。

講義を受講した学生からは、「起業への気持ちを後押ししてくれるような話でした」、「NALIC等の支援があれば、創業時のリスクは低くなると思った」「人生の大切さを学ぶことができて有意義でした」などの声がありました。

NALIC施設の見学の様子

経営専門職学科ではオープンキャンパスをオンラインでも開催!経営専門職学科の体験授業はもちろん、学びや入試への皆さまのギモンにお答えします。スマートフォンやタブレットがあれば参加可能です。オープンキャンパスでしか味わえない濃厚なコンテンツをご用意してお待ちしております!お申し込みはこちらから。