本学の今永准教授がNHKにテレビ出演しました

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。
本学の今永准教授は、新設の経営専門職学科での、地域や産業界と連携した新しい教育プログラムの設立に深く関わっています。
また、インターンシップに関する豊富な経験と知識を有しております。

今回、NHKの2つの番組に出演しましたので、報告いたします。
【11月19日放映】 NHK総合放送 ナビゲーション
「新たな学びを切り開け! 〜ポストコロナの学生生活〜」
ゲスト出演

コロナ禍での新たな学び方、地域での実践的なインターンシップについて、コメントしました。

【11月24日放映】 NHK総合放送 おはよう東海
長期インターンシップに参加する場合には、教育効果が認められるものが大切で、学生と企業が目的や実施内容を共有することが重要であることをコメントしました。

本学では、3ヶ月間の長期インターンシップが、現代ビジネス学科では選択科目として習得可能で、経営専門職学科では必修科目として位置付けられております。
教育効果が認められ、社会のことを働く前の大学時代に理解し、その後の学生生活での学習意欲を向上させることを狙いとして、実施しております。

もっと詳しくMEISANの学びついて知りたい方はオープンキャンパスにお越しください。お申し込みはこちらから。