第15回環境フォーラムが開催されました

1月16日(土)に、名古屋産業大学文化センター大ホールにおいて、名古屋産業大学・尾張旭市主催の環境フォーラムが開催されました。本年度のテーマは「尾張旭市のみどりと防災」で、尾張旭市民を中心に95名の皆様に熱心に聴講頂きました。

前半は、水野義則尾張旭市長、及び、伊藤雅一学長よりご挨拶頂いた後、松本哲男様(名古屋大学名誉教授・愛知県森林公園指定管理者ウッドフレンズグループ統括責任者)から基調講演「愛知県森林公園について」をご発表頂きました。

後半は、田口孝雄様(山辺の散歩道愛護会「山辺のボラ隊」代表)から「都市化の中の自然林
長洞の森」、伊藤成人様(尾張旭市総務部災害対策室長)から「尾張旭市の防災について」、菅井径世教授から「尾張旭市の地震ハザードマップ最新版」について、それぞれご発表頂きました。

環境フォーラムの様子は中日新聞やグリーンシティケーブルテレビで紹介されました。

DSC05565?? DSC05605