地球温暖化防止活動環境大臣賞を受賞

本学の教員と学生によって構成する「名古屋産業大学環境教育プロジェクト(研究代表者:伊藤雅一教授)」が、平成28年度の地球温暖化防止活動環境大臣賞を受賞しました。表彰式は、12月5日(月)に山本公一環境大臣出席のもと開催され、伊藤雅一教授と大学院生の髙木祥太さん、許容瑜さんの3名が参加しました。

このプロジェクトでは、平成15年度より14年間にわたって、地域のCO2濃度調査に基づく環境教育プログラムの開発と実践に取り組んできました。昨年度までの実績として、日本及び台湾の小・中・高等学校の延べ105校で環境教育を実践、4,000名を超える児童・生徒が参加しています。また、環境教育の普及に向けては、教材研究の成果をまとめた冊子「みんなで作るCO2濃度マップ~地球温暖化と私たちの暮らし」を出版するとともに、指導者研修を実施し、延べ1,000名程度の教員、環境ボランティア等が受講しています。

本年度も、以下の教員、学生をプロジェクトメンバーとして、研究と実践の両面から、国内外における環境教育の普及と発展に向けて取り組んでいます。

【平成28年度プロジェクトメンバー】

教員:伊藤雅一教授、岡村聖教授、林敬三教授、村上健太郎准教授、坂本剛准教授、岩瀬真寿美准教授

学生:大学院博士後期課程:髙木祥太さん、許容瑜さん

大学院博士前期課程:朱星辰さん、呉志彦さん、梁依薇さん

pic1 pic2

         表彰状授与                 受賞者フォーラムでの概要説明

pic3

      記念撮影