長期企業インターシップが始まりました

5月8日(月)から、学生8名による3か月間の長期インターンシップが始まりました。
名古屋産業大学では3か月間のプログラムを18単位の正課科目として実施します。学生たちは現場でこれまで学んできた知識を活用しながら就業体験をし、実践的なビジネスのトレーニングを受けます。
今年度は、これから7月末まで尾張旭市役所のほか6社の企業で研修を行います。学生たちはさっそく、資料作成、工場での加工作業、スイミングスクール補助など、多彩な業務に取り組んでいました。