現代ビジネス学会「第1回卒業研究コンテスト」を開催しました

本学学内において名古屋産業大学現代ビジネス学会主催の「第1回卒業研究コンテスト」を開催しました。

4年間の集大成

このコンテストは名古屋産業大学現代ビジネス学部4年生の卒業論文を審査するものです。名古屋産業大学の学生は全員がゼミに所属し、担当教員から卒業論文指導を受けながら、各学生がそれぞれの興味を持ったテーマに沿って研究を行います。学生にとっては4年間の学業の集大成となる場ということで、素晴らしい発表が数多くありました。

 

研究性とプレゼンテーション能力を見る

今回のコンテストは論文の研究性を評価するだけではありません。「成長ビジネスの中核を担う人材育成」を掲げている本学では、ビジネスの現場でのプレゼンテーション能力も講義の中で学んでいきます。今回のコンテストでは、「発表態度(話す速度、身ぶり、視線など)」「発表構成(わかりやすい流れになっているか)」「質疑応答(質問に対して的確に回答しているか)」のプレゼンテーション能力についても評価の対象としていきます。
卒業研究発表題目
・インスタグラムマーケティングの重要性ー自身のインスタグラムを用いた検証ー
・大学生のイベント運営体験がGRITに及ぼす効果ー運営に関わる達成感による影響を視野に入れてー
・なぜかっぱ寿司は業界最下位に転落してしまったのか 郊外型チェーン系回転寿司4社の比較考察
・食物連鎖とその組織図の人間の地位
・自動車所有者のエンジンに関する意識調査
・人工知能が人間に与える影響

今回の卒業論文発表会では学生それぞれが成長し身につけた姿を見ることが出来ました。 本学の学びをより詳しく知りたい皆さんは、3月24日(土)のオープンキャンパスに是非お越しください。お申込みはこちらよりお申し込みください。