早くも国内・県内屈指の企業に全員内定 就活座談会(前編)竹澤伸一ゼミ

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANではビジネス人の育成に特化した少人数教育だから可能な、きめ細やかな就職サポートを実現しています。企業の就職活動が解禁になった6月1日以降、MEISANの4年生のもとに続々と内定が出ています。

内定続々と・・・

今回はMEISANで教職課程とキャリア支援を担当している竹澤伸一教授の4年生ゼミ生で就職活動座談会を行いました。竹澤教授と言えば、MEISANのウェブサイトに、「愛情教育、この指とまれ」というコラムを毎日連載していることでも知られています。その竹澤ゼミの、民間企業に就職を希望している4年生が、この度、第一志望の企業に全員内定をいただきました。

竹澤:みなさん、内定おめでとうございます。これから内定までの道のりを伺っていくわけですが、座談会の最初に申し上げておきたいことがあります。本日登場するのは、稲田尚暉くん、中村健吾くん、橋本昌和くんの3人になりますが、もう1人のゼミ生に飯野裕司くんがおります。飯野くんは現在、瀬戸市内の中学校に教育実習に行っていて留守です。座談会の趣旨が民間企業の内定に至った道筋ということで開催しましたが、竹澤ゼミは飯野くん、そして私も含めて「五位一体」だということを忘れずに。

竹澤:そしてもう1つ。3人が内定をいただいた企業名ですが、まだ6月初旬という時期で、あくまでも内定という段階なので、実名公表は控えたいと思います。ただ稲田くんは、愛知県では知らない人はいない金融機関、中村くんは、三重県で急成長中の建設会社、橋本くんは、それこそ全国に知られた自動車関連会社だということはお伝えしたいと思います。

ゼミでの共同研究と情報共有が個々の力になった


    橋本 昌和さん(大谷高校出身)          稲田 尚暉さん(菊華高校出身)
竹澤:それでは皆さんにお聞きします。なぜこんなにも早い時期に、第一志望の企業からの内定を勝ち得たと思いますか?

稲田:私たち4人は、卒業研究も就活も、すべて共有しているんです。

中村:卒研は4人の共同研究で、「スポーツにおける社会貢献」をテーマにしました。

橋本:3年生時のキャリアガイダンスも常に4人一緒でした。

竹澤:共有って力になるってことですか?

稲田:だって情報が4倍になるんですよ。研究も企業説明会も。

中村:単独で説明会に行っても、仲間のための情報収集もするんです。

橋本:卒研の原稿執筆も共同でやりました。

竹澤:そう言えば研究の中間発表が、大学内の学会の論集にも載りましたね。あれはどうでしたか。

橋本:はい。我々の分担執筆を先生が1本にまとめてくださいましたが、良い経験になりました。

中村:就活も落ち着いたので、これから発展の研究に向かいます。

稲田:私も含め面接で聞かれた際に、堂々と研究内容を答えられました。

竹澤:学部生の、しかも3年生の共同研究が論集に載るのはなかなかないですからね。みなさんの良い経験になってよかったです。

名物の「地獄の朝活」がモノを言った


    中村 健吾さん(新城東高校出身)         竹澤 伸一教授(司会)
竹澤 竹澤ゼミの名物にもみなさんよく耐え、がんばりましたね。

3人 あぁ、「地獄の朝活」ですね。

中村 まさか先生が毎朝7時には研究室にいるとは思ってもいませんでした。さらにそこに呼び出されるとは。

稲田 共同研究の卒研の原稿、期限を切られて。できないと呼び出しですもんね。

橋本 私なんか履歴書を20回は書き直しさせられました。

稲田 おまえ30回だろ(笑)?

竹澤 なぜ「朝活」だと思いますか?早起きの習慣が、大学生にとっては財産だからですよ。

中村 2年生の時まで遅刻癖があって単位を落とすことがありました。

橋本 竹澤ゼミに入ったら生活が激変したよな(笑)。

稲田 そだねー(笑)。でも、あさイチで修正があるおかげで、おかげさまで目が覚めました。

橋本 その日の選考で提出する履歴書を、あさイチで手直ししたこともありました。

竹澤 みなさん、よく頑張ったとも思います。きつくなかったですか?

橋本 私たち全員、野球・サッカー人ですし、朝練は慣れっこなんで。

中村 私は、むしろ「朝活」に助けられました。意識が高まりました。

稲田 竹澤先生は中学校剣道部顧問を30年やってこられた方なんで。同志です。

竹澤 でも4人とも、散々文句は言ってたよね(笑)。

続きは後編へ