高濱ゼミの学生が企業に問題解決の提案を行いました

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANの授業を紹介する「授業レポート」。今回は高濱先生の専門ゼミの学生が企業に訪問し、実際に問題解決の提案を行なった授業を取り上げます。

実際の企業に学生目線から提案

訪問したのは愛知県愛西市を中心に事業を展開している株式会社ビジネス・ソリューション社様です。 今回の訪問は、同社を「従業員が辞めない企業」、「多様性を有している誰もが働きやすい企業」、「若者が?社したくなる企業」にするために、職場見学および社長へのヒアリングが目的です。今後、学生目線のアクションプランの提案をさせていただく予定です。

経営者から直接様々なことを学ぶ

当日は、まず社長自ら各事業部の見学および説明をしていただき、同社のビジネスについて理解を深めました。その後、応接室にて同社への改善提案をするために、現状の様子をゼミ内で考え抜いた次第に沿って社長にヒアリングいたしました。併せて社長からは経営者としての意識や従業員への想い、また、今までのキャリアについてのお話しをしてくださり、様々なことを学ぶことができました。 今後、本プロジェクトは従業員の皆様へワーク・エンゲージメント(仕事への熱意・やりがい)調査に入って行きます。学生の貢献により同社の従業員の方がさらにイキイキと働けるよう、また多くの求職者の方にエントリーしていただけるようゼミ生一丸となって尽力して参ります。 MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。

さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是?お越しください。お申し込みはこちらから。