MEISANの授業を紹介する授業レポート:大学生のゴルフコースデビュープログラム「Gちゃれ」を開催しました

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANの授業を紹介する「授業レポート」。今回は大学生のゴルフコースデビュープログラム「Gちゃれ」を取り上げます。

Good Golferになることを目指して

名古屋産業大学のキャンパスの近くにある、ウッドフレンズ森林公園ゴルフ場にて、第57回Gちゃれを実施し、本学学生2名が参加しました。 Gちゃれとは、一般社団法人 大学ゴルフ授業研究会(https://daigaku-golf.org/)が主催する課外教育プログラムです。 「G」には、ゴルフに関わるあらゆる用語の頭文字のイメージ(Golf、Green、Gentleman、Grass、Grace等々)が込められ、参加した皆さんがGood Golferになることを目指します。

実施目的は、大学生を対象にゴルフコース・デビュープログラムを提供することで、学生にゴルフの醍醐味を感じさせ、 マナー・ルールの大切さを学び、生涯にわたってゴルフに親しむための素養を身に付けさせることです。 ゴルフコースデビューした学生2名は、世話人からの丁寧な実践指導により、ゴルフのルールやマナーの多さに戸惑いながらも、プレイする楽しさを感じた貴重な時間となりました。 「今日の経験を活かし、社会人になってからの突然のゴルフの誘いにも対応できるよう機会を見つけて勉強や練習をします」 Good Golferへの第一歩を踏み出しました。

さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。お申し込みはこちらから。