部活動・サークル紹介:MEISAN部活動リポートEcoサイクル部

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANでは様々な部活動が活躍しています。今回はEcoサイクル部が「環境デーなごや―ともにめざそう環境首都なごや」にブース出展した様子をレポートします。

身近な植物に目を向けるきっかけに

 

当日は、地域の植物を使ったしおりづくり体験とクブチ砂漠の緑化活動のパネルを出展しました。午前中からあいにくの雨で、午後も小雨が続きましたが、ブースには多くの方々にお越し頂き、40名以上の方に植物のしおりづくりをして頂きました。
しおりに使った植物は、部員が大学近くの里山から採取してきて、押し葉・押し花にしたもので、在来種と外来種を合わせて20種類程度の植物を用意しました。また、植物の和名・学名も合わせて展示して、植物の名前をわかりやすく学べるように工夫をしました。普段よく見かける植物を使用したこともあってか、しおり作りに参加された方の中には、種名に関心を持つ方もいらっしゃいました。今回のしおりづくり体験が身近な植物に目を向けるきっかけになればと思います。

クブチ砂漠の実際の砂に触れる

 

一方のクブチ砂漠の実際の砂に触れるコーナーでは、砂漠の砂のきめ細かさに驚かれた方が多かったです。緑化活動と共に、記憶に留めて頂ければと思います。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。お申し込みはこちらから。