長期インターンシップの事前報告会を開催

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。今回は本学ならではのプログラムである長期インターンシップの事前報告会を開催した様子をレポートします。

3か月間の企業・海外・農山村インターンシップ(長期インターンシップ)

名古屋産業大学では、3か月間の企業・海外・農山村インターンシップ(長期インターンシップ)を授業科目として実施しています。
本学のインターンシップは5月から始まりますが、毎年4月末にその事前学習の一環として「事前学習成果報告会」を行っています。

今年度は報告会を4月25日に学内で開催しました。この報告会は、学生が研修前に研修先の企業の業務内容などを調べて自らの研修の目標を発表を明確にすること、学生の目標を教員、受け入れ企業の担当者が一緒に共有することを目的としています。
報告会では、オーストラリアで研修をする学生や、長野県阿智村で研修する学生。尾張旭市内の企業で研修をする学生など10名の学生が、受け入れk企業の担当者や教職員の前で、研修に向けた各々の目標や決意を発表しました。
今後のインターンシップ生の活躍にご期待ください。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。当日はキャンパスツアー、人気教員による体験授業、学生に好評のランチ体験などを行います。是非ご参加ください。お申し込みはこちらから。