サッカー部:総理大臣杯予選2回戦突破

サッカー部 総理大臣杯予選 2回戦突破!

名古屋産業大学サッカー部が総理大臣杯2回戦にてPK戦で4-3で勝利しました。

6月29日(土)岐阜フットボールセンターで「第66回東海学生サッカートーナメント(総理大臣杯予選)」2回戦が行われ、名産大は東海1部リーグに所属する岐阜協立大学と対戦しました。

 

名産大は後半開始3分に先制されますが、後半終了間際に2年生の菅原寛人(いなべ総合)が同点ゴールを決め延長戦へ突入。延長戦でも再び岐阜協立大にリードされますが、延長後半のホイッスルが鳴る直前、再び2年生の菅原寛人が値千金の同点ゴールを決め、勝敗はPK戦へともつれ込みます。

同点に2度追いついた2年生の菅原寛人(いなべ総合)

名産大のGKは4年生の赤谷海斗(青森山田)。落ち着いて相手の1本目を止めます。名産大の最初のキッカー、4年生の永松廉(青森山田)が確実に決めます。その後も、3年生掛布睦生(青森山田)と住川鳳章(青森山田)、1年生の金子力矢(菊華)が次々と決めていきます。

PKを蹴る前に集中する1年生の金子力矢(菊華)

 

岐阜協立大5人目のシュートを赤谷が見事にブロック。名産大は見事死闘を制し、次戦は7月6日(土)中京大学で、14時から四日市大学との対戦です。

5人目のシュートをブロックした赤谷海斗。