農山村インターンシップに参加中!

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANには様々な形で活躍する学生がたくさんいます。今回は3か月間の農山村インターンシップに取り組んでいる3名の学生の様子をレポートします。

長野県阿智村で3か月間の農山村インターンシップ

自主研修で観光資源となり得る自然の調査を実施

5月から7月までの3カ月に渡り、長野県下伊那郡阿智村で3名の学生が農山村インターンシップに行っています。
インターンシップでは、旅館業務や農林業などの就業体験をしながら、地域の文化・自然資源の調査を自主研修として行い、地域の観光の発展に貢献していくことを目指しています。

農山村地域ならではの様々な就業体験

初日の食事の様子。山の幸、川の幸が豊富な豪華な夕食

農業体験でトマト、パプリカ、きゅうりの栽培を体験

高地に多いキバナノヤマオダマキ

旅館業務の就業体験を行う尾張あさひ苑の他、阿智村産業振興公社、阿智昼神観光局、阿智村役場など多様な機関との連携を行い、農山村地域を深く理解するプログラムになっています。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。当日はキャンパスツアー、人気教員による体験授業、学生に好評のランチ体験などを行います。是非ご参加ください。お申し込みはこちらから。