経済教育学会 第35回全国研究大会のシンポジウムに竹澤教授が登壇しました

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANでは研究活動も盛んに行っています。今回は竹澤伸一教授が第35回、経済教育学会全国研究大会に登壇した様子をレポートします。

経済教育と実社会との関係性を再構築するために

令和元年9月28日(土)・29日(日)に、名古屋経済大学犬山キャンパスにて、第35回、経済教育学会全国研究大会が開催されました。初日に、「これからの社会をリードする教育」という大会テーマのもと、大会シンポジウムが実施されました。合田哲雄文部科学省初等中等教育局財務課長による基調講演の後、名古屋市立志段味中学校の伊藤達也先生、愛知県立緑丘高等学校の森尚久先生の発表に続いて、本学の竹澤伸一教授が登壇し、発表しました。中学校・高校・大学の経済教育の連携が、シンポジウムの中心テーマでした。経済教育を学校の中に閉じ込めることをせずに、実社会との関係性(レリバンス)をどのように構築していくか、それぞれの立場から問題提起がありました。

竹澤教授は名産大のビジネス教育で育成された学生を紹介

竹澤教授は、2人の名産大卒業生(社会人1年生)の「学びの履歴」を具体的に紹介しながら、発表を進めていきました。2人とも、名産大の専門基礎科目で経営のノウハウを実地に学び、BTP(ビジネストレーニングプログラム)によって実際的な学びをさらに深めました。そしてゼミでの卒業研究に、その学びを結実させ、インターンシップを通して、自分のキャリア形成を確かなものにしました。2人とも、「愛情教育、この指とまれ、番外編」の「就活成功物語」に取り上げられているので、会場の研究者・実践者には納得感を持って受け入れられました。
さらに竹澤教授は、2人の学びのルーツを、高校、中学校とさかのぼって行き、名産大にてビジネス教育を受けるに至る道のりを明らかにしていきました。会場(聴衆)からは多くの質問が寄せられ、名産大のビジネス教育、職業教育に対する賞讃の声が広がっていきました。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。当日はキャンパスツアー、人気教員による体験授業、学生に好評のランチ体験などを行います。是非ご参加ください。お申し込みはこちらから。