「愛情教育、この指とまれ」番外編『名産大4年生、就活成功物語』その2~RIZAP㈱に内定、井下田尚之くん~

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。平成29年9月から連載が開始された「愛情教育、この指とまれ」は、おかげさまで連載700回を達成いたしました。この度、その番外編として、「愛情教育+職業教育=実践教育」の成果を受けて、みごとに内定を果たした4年生に、昨年同様インタビューをしました。聴き手は竹澤伸一教授。「その2」は、ボディメイク事業大手のRIZAP㈱から内定をいただいた井下田尚之くんです。

RIZAP㈱から内定をいただいて、今の心境はいかがですか?


井下田尚之くん(京都府立鳥羽高等学校)

入社するその日まで、楽しみでしかありません。内定式に出席して、なお一層、夢を感じました。社員の皆さんに、先輩・後輩の隔たりがないので、楽しく仕事ができそうでワクワクしています。もともと私は、誰とでも垣根なく話をすることができるので、自分を活かせる職場だと思います。実は同期入社の仲間と、すでに懇親を深めています。

一番苦労した点は何ですか?
面接練習の時から、何度もタジタジの状態になっていました。こう見えても、緊張しやすいところがあるのです。ゼミの竹澤先生は、何度も何度も面接練習に付き合ってくださいました。そこで、自分の素直な気持ちを、率直に表現する術を学びました。本番で実力を発揮する道筋が見えた気がしました。

入社した後で、一番やってみたいことは何ですか?

トレーナーとしてのキャリアを、確実に積み重ねていきたいです。現場が勝負の場なので、インターンシップでの体験は、やはり大きかったです。繰り返しになりますが、人と接することが好きです。お客さまと、日ごと触れ合うなかで、自分を磨いて成長できればと思います。そして遠い将来、ある部門の責任者になれればと思います。まだ秘密ですが。

内定が決まった時、ご家族の反応はいかがでしたか?

革新的な業界、革新的な仕事なので、はじめは不安視されました。でも、革新性があるからこそ、挑戦しがいがあると告げたら、家族は私の選択を支持してくれました。
改めて、家族のありがたさを感じました。

自分にとって就活とは何でしたか?

内定は確かにいただけました。でも、思い返してみると、面接の時に表現した内容に、自分自身、未だに納得していません。自己PRを、もっと多彩に、もっと高い次元でできたはずだと思っています。この気持ちを自分の課題に変えて、職務の中で、自分自身にリベンジしていきたいと思います。

井下田くん、ありがとうございました。貴君なら必ず「結果にコミットする」ことができると思います。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。お申し込みはこちらから。