第19回環境フォーラムを開催

2019年12月14日(土)に、名古屋産業大学の文化センター大ホールにおいて、名古屋産業大学主催、尾張旭市共催による第19回環境フォーラムを開催しました。
今回のテーマは「人にやさしいまちづくり~障害者・高齢者が安心・安全に生活できる都市環境」で、尾張旭市民を中心に70名の皆様が熱心に聴講されました。

前半は、伊藤雅一環境経営研究所長よりご挨拶頂いた後、NPO法人ピース・トレランスの代表理事である押富俊恵氏が「まちの中での配慮と工夫~「ごちゃまぜ」な街づくりのためにできること~」と題して基調講演を行い、尾張旭市内のバリアフリー化にむけた様々な取り組みを紹介しました。

後半は、ラーメン店、ようら本店の店主である椛島剛氏が「障害者の障害を無視する店主の工夫」として、難聴を抱えながらお店を運営することにまつわる経験を話されました。続いて、名古屋経営短大学健康福祉学科の学生が、バリアフリー点検の様子や演劇を取り入れた認知症サポーターの養成の様子を発表しました。最後に、丸岡稔典名古屋産業大学特任講師が「人にやさしいまちづくりと合理的配慮」と題して、障害者や高齢者が安心して生活できる環境整備のために、お互いが配慮し合える関係作りが大切であるとまとめました。