「愛情教育、この指とまれ」番外編『名産大4年生、就活成功物語』その15~サンエイホールディングス㈱に内定、原田周弥くん~

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。平成29年9月から連載が開始された「愛情教育、この指とまれ」は、おかげさまで連載800回を達成いたしました。この度、その番外編として、「愛情教育+職業教育=実践教育」の成果を受けて、みごとに内定を果たした4年生に、昨年同様インタビューをしました。聴き手は竹澤伸一教授。「その15」は、挑戦をカタチにし持続可能なまちづくりを推進するサンエイホールディングス㈱から内定をいただいた原田周弥くんです。

サンエイホールディングス㈱から内定をいただいて、今の心境はいかがですか?


原田周弥くん(愛知県立内海高等学校)

大きな期待の中に、若干の不安もあります。どのような部署に配属になるのかわかりませんが、社会人としての仕事は初めてだからです。すでに同期の社員の皆さんと顔合わせをしていますが、誰しも少しの不安は持っているのではないでしょうか。しかし、一緒に夢を語り、実現に向かって努力できる仲間がいることは、本当に心強いです。

一番苦労した点は何ですか?

やはりSPIなどの筆記試験対策です。ゼミでも継続して取り組みましたが、自分自身でも時間をかけて向き合ってきました。言語でも非言語でも、基礎学力の確認ができて、その意味では有難かったです。でも、筆記試験だけではない就活の意味も、同時に考えてきました。

入社した後で、一番やってみたいことは何ですか?

最終面接で、私は1つの構想を提案しました。『伊勢湾岸広域スポーツ施設構想』です。卒研の共同研究で、『スポーツでまちづくり』の構想を深めてきたので、思い切って提案してみたのです。サンエイホールディングス㈱は、自分のやりたいことが形になる会社だと思っているので、ぜひ実現させたいと思っています。

内定が決まった時、ご家族の反応はいかがでしたか?

寡黙な父は、静かに喜びを表現してくれました。感情が豊かな母は、手放しで喜んでくれました。こういう形で、家族は、人生の節目を迎えるんだなあと、改めて思いました。家族を安心させることができて、良かったと思います。

自分にとって就活とは何でしたか?

大変だったですが、周到に準備はしてきたので、案外楽しかったです。その中で、あるエージェントの方との出会いが大きかったです。自ら求めて動けば、自分にとって大切な出会いがあるものだと、つくづく実感しました。良い方向に転がり出すと、結果ってついてくるものなのですね。

原田くん、ありがとうございました。提案された構想、実現を祈念いたします。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是?お越しください。お申し込みはこちらから。