授業紹介:人的資源管理論でゲストスピーカー

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANの授業を紹介する「授業紹介」。今回は新保友恵先生の「人的資源管理論」の授業で外部講師にお越しいただいた様子を紹介します。

企業の最も重要な経営資源である「人」に焦点をあてる

新保先生の「人的資源管理論」では、企業の最も重要な経営資源である「人」に焦点をあて、企業内でどのように人事管理が行われているのかを学んでいます。今回は、ご自身が障がい者であり、かつ企業において人事採用担当者でもある紺野大輝様にゲストスピーカーとして登壇いただき、雇用者・労働者、両者の視点で「障がい者雇用」についてお話頂ける貴重な機会となりました。

考えるきっかけに・・・

学生たちはからは、「私自身は障がい者の方は仕事ができないのではないかと思っていたけれど、障害を持っているから何もできないということではなく、できないことは何かを明確にすること、理解したうえで、自分のできることを仕事にすることでより良い働き方をされているのだなと思いました。自分の弱みをプラスに考え強みにするという考え方は障害を持っている方だけでなく私たちにも言える考え方ではないかと思いました。」や、
「日本にはまだまだ多くの課題があると感じました。健常者も障害をもっている方も平等に充実した仕事生活を送れるように全員が納得するような制度が今後できていけばいいなと思いました。互いに理解をすることがとても大事になっていくのだとお話を聞き改めて気づくことができました。」などの感想がありました。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスにお越しください。当日はキャンパスツアー、人気教員による体験授業、学生に好評のランチ体験などを行います。お申し込みはこちらから。