ゼミナールにおけるドローン操縦訓練

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。今回は、ゼミナールにおけるドローン操縦訓練について報告します。

ゼミナールにおけるドローン操縦訓練

 

 伊藤・岡村ゼミでは合同でドローンを用いた上空の環境調査に取り組んでいます。一般的な場所で、ドローンを用いた上空の環境調査を行うためには、10時間以上の操縦訓練が必要です。このため、今年度から所属したゼミ生は、上級生の指導を受けながら、毎週操縦訓練を重ねています。

 

 

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。当日はキャンパスツアー、人気教員による体験授業、学生に好評のランチ体験などを行います。是非ご参加ください。お申し込みはこちらから。