尾張旭市とドローン活用の協定を結びました

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。名古屋産業大学ではこの度、尾張旭市とドローン活用の協定を結びました。

連携協定を締結


尾張旭市と名古屋産業大学、一般社団法人 災害対策建設協会JAPAN47(フォーセブン)が「災害時における小型無人機による情報収集に関する協定」を結ぶことになり、11月13日に市長応接室で締結式が行われました。

今回の協定では、自然災害などが発生した際に、人が立ち入ることが困難な場所にドローンを飛ばして被害状況を把握するための協力体制を整えることを目的としており、ドローンを環境教育に取り入れている名古屋産業大学と、ドローンスクールを運営する一般社団法人 災害対策建設協会JAPAN47が協力団体として協定を結びました。 締結式には尾張旭市の森市長と、名古屋産業大学の高木学長、伊藤研究科長、岡村教授と、災害対策建設協会JAPAN47の岸本代表理事らが出席し、連携協定を交わした後、非常時における支援体制について協議を行いました。