授業紹介:地域ビジネス論(組織・リーダーシップ)

MEISANの授業を紹介する「授業レポート」。この度は「地域ビジネス論(組織・リーダーシップ)」を紹介します。

今回は、豊田市役所保育課担当長の社本さまをお招きしました。

社本さまは、大学卒業後、市役所職員として13年強勤務をしております。今までに、6つの異なる部署で勤務された経験をお持ちです。

講義では、大学時代のお話から、市役所に勤務して、当初想像していたことと、実際に働いてみて、感じたギャップについての生のエピソードをわかりやすく具体的に教えていただき、地域に関わりながら働く醍醐味を伝えていただきました。

また、様々な部署を経験する中で、公務員の仕事の醍醐味や、地域で働くこと、一般的に社会人として大切と考えることについてお話しいただきました。例えば「本気で取り組むことで、長い目では自分に跳ね返ってくること」、「才能ではなくて努力を続ければ、活躍できるようになり評価されると気づいたこと」について、具体的なお仕事の内容と重ねながらお話しいただきました。

最後に、「深刻にならずに真剣に」というメッセージを学生に向けていただくなど、働く意味や意義について理解が深まる内容でした。