授業紹介:地域ビジネス概論(ゲストスピーカー 海士町 豊田庄吾様)

MEISANの授業を紹介する「授業レポート」。
この度は、「地域ビジネス概論」を紹介します。
地域ビジネス概論は、地域ビジネスコースの先生によるオムニバス講義です。
今回は、新保友恵先生が、海士町の豊田庄吾様をゲストスピーカーにお招きしての授業でした
海士町は、地域づくり・教育に関して先進的な取り組みをおこなっており、
今、注目を集めている島根県の島です。
この島で、主に教育を通した地域おこしを担当されてきた豊田様に、お話を伺いました。
受講生は、事前に
海士町についての概略を説明した動画を視聴し基礎知識を得た上で
豊田様から、海士町での具体的な取り組み事例を通して、
社会デザインや組織作り、そして今の時代の学生だからこそできることについて学ぶことができました。
講義後の学生の感想
社会課題を解決していくには色々な組織の人達が手を組み解決をしていかなければならないが
 NPOはその社会課題を解決していくことだけでなく、コレティブインパクトも含むことで
 新しいプロジェクトを作ることができるのが強みだと思いました。
 プロジェクトを作るにあたって大事なことは
 成果の質で、成果が出なかった時に関係が悪くなります。
 ですから、色々な人との関係を良くしながら地域の人との関わりを増やし、
 対話的な在り方をすると共同的な組織が生まれるので自分もそこを目指したいと思いました。
・最後の質問の時、大学生の時にできることを教えていただきとても勉強になりました
 私は、居酒屋でアルバイトをしていて接客でとても多くの人と関わりを持つことができています。
 しかし、これだけでは範囲が狭く身内のようなものです。
 豊田さんの話を聞いてオンラインですごい人と繋がったり自分を成長させることも可能であることがわかりました。
 これからインターネットを使って積極的にいろいろな人と関わりをもって知識を増やしていきたいと思いました。