「経営専門職学科×Cue」共催イベント第二弾の開催報告!

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。今回は10月8日(金)に開催したオンラインセミナーについてお伝えします。

「なぜ、健康経営なの?~企業にとってのウェルビーイングとは?」

2021年10月8日(金)に「なぜ、健康経営なの?~企業にとってのウェルビーイングとは?名古屋産業大学×Cue vol.2」オカムラ中部支社Open Innovation Biotope “Cue”と経営専門職学科の共催イベントの第二弾を実施しました。

当日は、本学の矢野学科長(写真右)と、オカムラ中部支社の小倉様(写真中央)と健康経営の領域での業界の牽引者の一社の株式会社コードブック の細野社長(写真右上)の3名の方にご登壇いただき、後半は、本学の実務家教員の今永准教授(写真左)がモデレーターを務めました。

矢野学科長からは、これからの社会変化に関連し、SDGsの取り組みの中で健康経営を実施する企業がより重要な存在になることをお話しいただきました。
その次に、コードブックの細野社長より、健康経営を取り巻く社会環境や、先端事例や産学連携の実践事例などをお話しいただき、最後に、オカムラの中部支社の取り組み事例をご紹介いただきました。

当日は、企業で健康経営を実施する人や、ウェルビーイングの領域の関係者など多くの方々が参加しました。

次回は、11月30日(火)16時30分から 第三弾で「共創空間」をテーマにした内容を計画しております。詳細は後日改めてご案内させていただきます。