「もにす認定」企業にインタビュー調査を行いました

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。
MEISANでは学内・学外の活動を皆さまへお伝えするためニュース配信を行っています。

障がい者雇用に関する優良な中小企業に関する調査

地域ビジネスコース3年新保ゼミでは、「もにす認定」を受けた愛知県内企業にインタビュー調査を実施しました。
「もにす認定」は、中小企業における障がい者雇用の取り組み進展のため設けられた制度であり、愛知県内では下記の5社が厚生労働大臣から認定されています。

 ◎ アルプススチール株式会社 (名古屋市/家具・装備品製造業)

 ◎ 株式会社三交イン(名古屋市/宿泊業)

 ◎ 中電ウイング株式会社 (名古屋市/印刷・同関連業)

 ◎ 日本超硬株式会社 (刈谷市/生産用機械器具製造業)

 ◎ 社会福祉法人フラワー園 (名古屋市/社会保険・社会福祉・介護事業)    (五十音順)

新保ゼミでは、全5社のご担当者から、障がい者雇用を中心に、企業として社会課題解決にどのように向き合っているかなど貴重なお話を伺うことができました。

インタビュー調査の結果は、今年度中に発表する予定です。



MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスにお越しください。お申し込みはこちらから。