ワクワク・ドキドキ!! 経営専門職学科1年生「観光地開発論」スタート

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。MEISANでは何事にも積極的に頑張る学生たちが多数在籍しています。今回は経営専門職学科の学びをご紹介します。

地域の現地調査に出かけました

今年度創設された名古屋産業大学 現代ビジネス学部 経営専門職学科では、座学講義形式よりも地域に出かけてヒアリング調査やアンケート調査等を数多く実施しております。その中で秋学期、1年生授業「観光地開発論」では、最終テーマを瀬戸市並びに瀬戸市銀座通り商店街活性化に向けてのレポート課題を見据えて、10月29日(金)に瀬戸市の現地調査を実施しました。

その中でも、パルティ瀬戸にある瀬戸市まちづくり協働課前田主事よりコンソーシアム瀬戸の件についてご説明頂き(次年度に向けて補助金を頂き積極的な取組へ拡大させる意気込みを見せる学生も出て…)、瀬戸市銀座通り商店街では、理事長河本篤氏(お茶彦代表)には、学生自ら熱心に商店街の取組や方向性について、聞き取り調査を行った。熱心な学生においては、聞き取り調査の後にも河本理事長への質問を繰り返し、1年生とは思えないほどの「熱ある」調査が実施されました。

MEISANの学びに触れてみませんか?

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスにお越しください。お申し込みはこちらから。