経営専門職学科:課外実習「地域スポーツコミッション」

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。MEISANでは何事にも積極的に頑張る学生たちが多数在籍しています。今回は今年度新たに創設された現代ビジネス学部 経営専門職学科にて10月23日に行いました課外実習のようすをご紹介します。

地域の課外実習に出かけました

経営専門職学科で実施中の「地域スポーツコミッション」の授業にて、豊田市にあります朝日丘スポーツクラブに実習に行ってきました。

《実施日程》  10月23日
《実習受入れ》 朝日丘スポーツクラブ
《実習場所》  豊田市立童子山小学校内(グランド、体育館)
《実習目的》  ① 運営の仕組みや実施方法、知識を学ぶ。

        ② 役割の把握、周囲の状況をみて判断する適応能力、判断能力、創造性を学ぶ。
        ③ スタッフや受講生、地域の人たちとの繋がりや交流の大切さを学ぶ。
《授 業》   地域スポーツコミッション

実習の目的は、上記の通り大きく3つに絞りました。その中で、個々によって到達目標や設定などは様々です。

今回の対象は小学4年生で、サッカーとバスケットボールに参加してもらいました。コーチの方からは、「子どもたちと一緒に動いてくれた方が、子どもたちのためにもなる」との事で、準備なども含めスタートしました。子どもたちも大学生もお互い緊張していた感じでしたが、コーチの指示や学生の積極的なコミュニケーションもあり、すぐに打ち解けていました。

休憩時間になっても子どもたちは休憩をせず、「〇〇やろう」と学生に声をかけてきて動き回る。大学生も、子どもたちの誘いに乗って、楽しそうに実習を行っていました。子どもたちへの対応は大変な面もありましたが、自分のやるべきことや周りなどを見て判断したり対応するなど、非常に良かったと思います。

MEISANの学びに触れてみませんか?

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスにお越しください。お申し込みはこちらから。