企業インターンシッププログラム

学生の熱意を引き出す企業と連携した実践教育

大手企業に集中する就職活動や企業とのミスマッチによる3年以内の早期退職などが問題視されています。本学では、このような問題の解決をめざして、企業と連携したビジネススクール志向の教育を導入しています。

 

企業インターンシッププログラム
キャリアガイダンス、キャリアデザインなどの導入科目を履修しながら企業への理解を深めると同時に社会人基礎力を養い、3年次の3ヵ月長期インターンシップを核とするプログラムです。就業体験にとどまらず、企業の課題解決やビジネスプランの提案など、実際の企業活動に関わることができる内容となっています。
[主な授業科目]
キャリアデザイン、キャリアガイダンス、
インターンシップ(導入) など

学修4つのポイント

1年次で必要な知識や技能を養い、2年次に実際に企業で研修する段階的なキャリア教育プログラムです。研修では実際に企業の業務の一部を体験するだけでなく、企業や地域の課題に学生が取り組む課題解決プログラムが用意されています。研修先企業と学生がマッチすればそのまま就職できる無就活協定を結んでいる企業もあります。

+ POINT 1 1年次、2年次を通じて段階的にキャリアアップ

+ POINT 2 関心に応じて選べる多様な業種・職種を用意

+ POINT 3 就業体験だけでなく、課題解決にもチャレンジ

+ POINT 4 就職に直結する協定を締結した企業も用意

 

ソーシャルプラクティス

ソーシャルプラクティス

本学は社会人基礎力を養う実践教育を行うことに力を注いでいます。そのため、地元企業と積極的な連携を進めてプログラム開発を行うなど、産学連携教育によるインターンシップを充実しています。また、事前学習や事後の報告会を通して学生の成長を促すとともに、期間中にはスクーリングや巡回を通して研修をサポートしています。

 

研修内容とインターンシップ先

5コースの専門的な学びと連動する研修プログラムがあります。例えば地域ビジネスでは旅館の宿泊プラン企画業務を、情報ビジネスではIT企業でのプログラム業務を体験できます。また、環境ビジネスではコンサルタント会社での環境ビジネスの企画と営業業務を、スポーツビジネスではプロ野球球団で運営業務を経験することができます。

主なインターンシップ先

■ (株)中日ドラゴンズ ■ 名古屋オーシャンズ(株) ■ サントリービバレッジサービス(株) 
■ (株)石川マテリアル ■ (株)東横イン ■ グリーンシティケーブルテレビ(株) ■ (社)日本ワーキングホリデー協会
■ 中部テレコミュニケーション(株) ■ (株)ビジネス・ソリューション ■ 尾張旭市 など