キャンパス内をイルミネーションが彩っています

愛情教育を実践する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANでは毎年この時期にイルミネーションがキャンパス内を彩ります。

イルミネーションが彩るキャンパス

   

MEISANではこの時期、キクタケルミナと題してキャンパス内をイルミネーションが彩ります。イルミネーションは学生たちが牛乳パックで手作りで作ったランタンを飾り、クリスマスまでの期間彩ります。
2015年から始まったこの活動はKEIEITANの子ども学科、健康福祉学科、未来キャリア学科の学生だけでなく、昨年からMEISANの学生へも広がり、ランタンの数が増え華やかさが増しています。
点灯式では、子ども学科の学生と南谷先生によるトーンチャイム演奏があました。清らかなトーンチャイムの音色にクリスマスムードが高まりました。
なお、今回の点灯式では尾張旭市にあるグリーンシティケーブルテレビの取材受けテレビ放送されました。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。お申し込みはこちらから。